トップページこれまでの公演 >2014年 京劇「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」

==========本公演は終了いたしました==========

梅 蘭 芳 生 誕 1 2 0 周 年 記 念 事 業

京劇「覇王別姫(はおうべっき)漢楚(かんそ)の戦い〜」

出 演: 天 津 京 劇 院
百戦百勝の楚の項羽に対し弱小の漢の劉邦は友軍を集め逆襲する。
追い詰められていく項羽と愛妾 虞姫との壮絶な愛の形を描く。
2014年 京劇「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」
チェン・カイコー監督の映画「さらば、わが愛 覇王別姫」で
一躍世界の注目を浴びた京劇の伝統演目『覇王別姫』を
天津京劇院最新の演出で上演。
2幕 日本語字幕あり

  世界に名を馳せた京劇の女形俳優、梅蘭芳(メイ・ランファン)生誕120周年を記念し、彼の代表作であり、日本でも人気の高い『覇王別姫』を5年ぶりに上演します。
  項羽と虞姫の別れの場面だけを「覇王別姫」として上演することはよくありますが、通し狂言での上演は中国でも珍しいことです。歴史の激流の中ではかなく散った愛を時空を越えて舞台に蘇らせる京劇の魅力を、じっくりご覧いただけます。是非ともお見逃しなく!  

公演日程
2014年 東  京 大 阪 名古屋
 5月  6月  6月  6月
30(金) 31(土) 1(日) 2(月) 3(火) 4(水) 5(木) 6(金) 7(土) 8(日) 14(土) 15(日)
開演
時間
13時 14時 14時
14時 14時 13時 14時 13時 16時
19時 17時 19時 19時 17時 17時
  ※会場は各30分前。 ※就学前のお子様の入場・同伴はお断りいたします。 ※出演者に変更がある場合がございます。

会場・料金(税込)
<東 京 公 演>
<大 阪 公 演>
<名古屋公演>
東京芸術劇場 プレイハウス
NHK大阪ホール
愛知県芸術劇場 大ホール 
全席指定 8,500円
全席指定 S席 8,500円 / A席 7,500円
全席指定 S席 8,500円 / A席 7,500円
日本経済新聞2014年2月12日付け朝刊
「華麗な舞 洗練の舞台」
特集記事こちらへ
※記事の本文、写真、図表などを直接、他のサイトやソフト等の
電子媒体に転載することはお断りします
 



鑑賞まで待ちきれないゾ〜  『 覇王別姫 』 カンタン豆知識
知っておきたいポイントはココ!

あらすじ  秦の始皇帝が没すると天下は乱れた。楚の「覇王」項羽(こうう)は百戦百勝を誇ってはいるものの、今は援軍を待っている状態だ。対する漢の劉邦(りゅうほう)韓信(かんしん)ら知将を集めて策略をめぐらせ、投降を装った李左車(りさしゃ)を項羽の陣営に送り込む。李左車の言を信じた項羽は、愛妾(あいしょう) 虞姫(ぐき)の進言も聞かず、翌日の出兵を決めてしまう。そして挑発されるままに九里山(きゅうりざん)に追い込まれ垓下(がいか)(とりで)に包囲されてしまう――。

 「四面楚歌(しめんそか)」の故事
この四字熟語をご存知ですか?周囲が敵や反対者ばかりで助けがなく、孤立無援な状態を指すことばですね。故事はまさに「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」の物語の中にあります。文字通り「四面(東西南北とも周囲全て)は楚国の歌」という状況に陥り、この絶望が大敗を呼び込み身を滅ぼすことになるのです。それは劉邦が率いる漢軍が仕組んだ計略で、項羽率いる楚軍を包囲した夜のことでした。項羽は四方から故郷・楚の歌が聞こえてくるのを聞き、敵軍にこんなに多くの楚兵がいるとは楚国は既に降伏したのか、と思い込み窮地に追い込まれたことを嘆いたのです。
 


 
 映画「さらば、わが愛  覇王別姫」
この映画を観て京劇「覇王別姫」に感銘を受けた方も多いでしょう。監督:陳凱歌(チェン・カイコー) 主演:張国栄(レスリー・チャン)、張豊毅(チャン・フォンイー)、鞏俐(コン・リー)の1993年カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞作品です。

作品中で京劇の美しさについて語られていましたね。“京劇とは――声は歌であり、動きは舞である。”

垓下(がいか)の歌」を知ってる? 
漢文で司馬遷の『史記』を習い、覚えがある方もいらっしゃるでしょう。楚軍の項羽が自らの不運への悲憤と愛するもの達との別れの悲哀を重厚に力強く歌い上げる場面は、「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」の見どころの一つです。四面楚歌の状態で形勢不利となった項羽は、天命が尽きたことを悟り、項羽に寄り添う愛妾・虞姫と愛馬・烏騅(うすい)との別れを惜しみます。   
力は山を抜き 気は世を(おお) (余の力は山を抜く程 気迫は世を覆う程だが)
時に利あらずして (すい)()かず (時勢が不利で 愛馬・烏騅も進まない)
騅逝かざるを 奈何(いかん)すべき (烏騅が進まないのを どうしたらよいか)
()や虞や 汝を奈何せん (虞姫よ虞姫よ そなたをどうしよう)

いかなる英雄といえども天命には逆らえない。絶大の権勢を誇った覇王だが最後に残ったのは一人の女性と一頭の馬。馬を逃がそうとしたが馬は動こうとしない。涙を流す項羽と虞姫…。この後二人はどうなるのでしょうか?
 

天津京劇院
2006年に国家重点京劇院団に認定され、国家非物質文化遺産(無形文化財)保護機関にも認定されています。中国演劇界の最高名誉である中国戯劇梅花賞および梅蘭芳金賞を受賞している俳優は8名も在籍しており、王平院長は2回も梅花賞を受賞する“二度梅”という快挙を成し遂げました。京劇だけでなく中国の舞台芸術のトップカンパニーの地位を不動のものにしています。

名 優 ・ 梅 蘭 芳 (メイ・ランファン)
京劇の改革と発展に大いに寄与し、その存在を世界に知らしめた、京劇の稀代の女形・梅蘭芳。今年は生誕120周年を迎えます。1919年、1924年、1956年と三度来日公演し、1930年にアメリカ、1935年に旧ソ連で公演しました。こうして京劇は国際的な名声を得て、世界の演劇界に影響を及ぼし、文化交流促進に貢献したのです。
梅蘭芳は初めての海外公演の地に隣国である日本を選び、東京・大阪・神戸で公演しました。各地で大変な人気を博し、チケットの入手はかなり困難だったようです。

京劇「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」   京劇「覇王別姫〜漢楚の戦い〜」 


トップページ   ページの上へ


記事及び画像等、掲載内容の無断転載を禁じます。
Copyright © 楽戯舎 All Rights Reserved.